iPhoneの近接センサー・フロントカメラを交換

近接センサー・フロントカメラを交換

揃えるものはコチラ

・iPhone本体

・ドライバー(+とiPhone専用の星型)

・やる気

・近接センサー、フロントカメラパーツ 下記アマゾン又はオークションなどで入手

その前に、なぜこれを交換するのか

実は以前フロントパネルを交換した際、うっかりイヤースピーカーとの接点をフレームから剥がす際にマイナスドライバーで傷つけてしまい、接着剤でくっつけた当初はうまく切れ目があったらしくつかえたが、その後徐々につかえなくなってしまい、今回フロントパネルを交換するのを機に変えてしまおうと考えたから。

当初の計画だと、今回のフロントパネルが近接センサー・フロントカメラ付きとのことで買ったので「一括で交換できる!よっしゃー!」なんて思っていたのに届いてみたら5sの部品(近接センサー・フロントカメラパーツに強引に5のスピーカーが取り付けられてた)がついててクレームを入れるべきか悩んだけど、きっちり「ジャンク」表記もあるし、こういうこともあるよねー!つって済ませました(一応出品者には連絡したがあちらも5から取り外したものなのでわからないとのことで..)

どう考えても5に5sの近接センサー・フロントカメラはつかないんだけどね。。(後で比較載せます)

そんじゃ、長くなったけど本編いきます。

取り付けレポート

DSC_0354

こちらが我がiPhone5。

フロントガラスがバリバリです。

★次回はフロントガラス交換なのでこうご期待!

現状OPPテープでガラスの飛散を抑えてます。

IMG_1081

こちら、届いた近接センサー・フロントカメラパーツです。

先ほどふと配達状況確認したところ配達完了になっていたのでポストから取ってきました。

後2~3日かかる予定だったのに早い。流石。

IMG_1082IMG_1082

IMG_1086

iPhone5用 左

iPhone5s用 右

比較

IMG_1086裏面。(5が左、5sが右)

スピーカー接点の数、長さ、ケーブルの形状以外に端子も形が違います。 5sの近接(以下略)端子は5の本体と同じ形。つまり、5sの近接(以下略)端子と5の近接(以下略)端子はくっつけることができます。

DSC_0355というわけで、iPhoneあけていきます。

ガラス割れの人は吸盤使うのは注意。下手すると液晶も割れます。

後、この時も忘れてたんだけどSIMカード必ず抜くこと!フレームが外れません。

ちなみに今回は下のネジ2本を止めていないので一部割愛しました。

開きました。DSC_0356

中の部品(ケーブルカバー)も止めてません(ネジ小さくて面倒なのでガラス交換まで外したまま)

結局吸盤だと開かなかったので少しフレームを持ち上げたらカッター(もしくは時計のオープナー)みたいなもので少しずつフレームを開くと途中からガバッと開きます。

DSC_0357

良い機会なのでスピーカーもつけてみよう

と思います。

またこの後ガラス交換ですべて外さなきゃいけないんだけどね….

DSC_0362

無事、取り付けが完了しました。

この後、フロントパネルをしめて完了です。

考察

いくつか書き忘れている点があるのでここで補足。

例の壊れている近接センサー・フロントカメラパーツは前回分解した際に取り外しました。

そのため、照度センサーが機能しないので外出た時とか明るさ変わらなくてすごく不便でした。

そういうことなので、タイトルは「交換」じゃなくて「取り付け」がふさわしいけどまぁいいや。

組み立て終わって、カメラ開いたらフロントカメラを認識しません。あれ?

と、思ったら電源切らずに分解していたので(素人も玄人もこれだけはやっちゃいけません

再起動したら無事フロントカメラも照度センサーも仕事してて感動。

何より嬉しかったのがSkypeでテスト通話した時に、イヤースピーカーから音が出たこと。

最初は音が小さかったけど、考えてみたらフロントパネル全面にOPPテープ貼ってあるのでイヤースピーカー部分だけカッターで切ったら音量回復しました。

そうそう。このiPhoneはダミーSIM入れて使っているので、お外ではXperiaからデザリングで繋いでやらんと使えません。

一番思ったことを最後に書きます。

爪は長いと細かい作業が非常にやりにくい。

それでは、次回はフロントガラス交換行ってみようと思います。(実はまだガラス手配中)

スポンサーリンク
休日はすたじおで336280
休日はすたじおで336280
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
休日はすたじおで336280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



- Rental Orbit Space -